コンジョイント分析

コンジョイント分析

コンジョイント分析とは

コンジョイント分析とは、商品やサービスを構成する要素(規格や性能などの商品スペック)の最適な組み合わせを探る分析手法です。
主に以下のような用途で使用されます。

使用例

  1. ブランドや価格・機能などの優先度(トレードオフ)も考慮した購入重視点を明らかにする
    ・消費者の購入促進のためには、商品のどの要素を訴求すべきか?
    ・新商品の開発にあたって、商品のどの要素に注力すべきか?     ・・・など
  2. 自社の商品をどのようなスペックにすればシェアを最大化できるか明らかにする
    ・自社製品の価格を変更したら、シェアはどのぐらい変化するか?最適な価格はいくらか?
    ・どのようなスペックの商品を出せば、競合商品のシェアを上回ることが出来るか?     ・・・など
  3. 商品に対する重視点(ニーズ)を元に、消費者をセグメンテーションする
    ・“価格を重視する層”の市場ボリュームはどれくらいか?
    ・今後どのセグメントに向けた商品を開発すべきか?     ・・・など
    ※コンジョイント分析の結果を元にクラスター分析を行い、消費者をグル―ピングします

具体事例

  • 属性(製品の構成要素)と水準(商品のスペック)を組み合わせて仮想の商品リストを提示し、その中で最も買いたいものを1つだけ選択してもらいます。
  • 水準の組み合わせを変えて、複数回同様の形式の設問を繰り返します。
  • さまざまな組み合わせで聴取した結果を元に、各属性の購入への影響度(重要度)・各水準の魅力度(効用値)を算出します。
属性・水準の検討・調査画面・効用値の算出

お問い合わせ

こちらから、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ