デジタルマーケティングリサーチ

業界最大級を誇る調査パネルの
ログデータを活用した
デジタルマーケティングリサーチ

オンライン行動データのアクセスログ計測を主軸に置き、多様なデジタルマーケティング施策の効果を
可視化します。

サービスの特長

オンライン計測可能な大規模モニター

国内最大規模を誇るデジタル計測モニタ140万人の
ログデータをベースにターゲティングができます。
海外においても、欧米・アジア圏を中心に
デジタル計測モニタを拡大しており、国境をまたぐ
リサーチが可能です。

*デジタル情報を取得した、アンケート専用モニター

ログベース(実行動ベース)のアンケート

実際に広告に接触した方やサイトに訪問した方に
アンケートを実施することができます。
従来のWeb効果指標(Click、CVなど)だけでなく、
エンゲージメント指標(認知、利用意向など)の評価も可能です。

正確なターゲットリーチ

出稿された広告がどの属性に、どの程度到達
(リーチ)したのかを捕捉できます。属性情報は
推測データではなく、モニターの登録情報に基づいた
正確なデータを活用しています。

クロスメディア効果測定

オンライン広告×テレビ広告の組み合わせ
といったように、複数にわたる広告媒体においても、
横串で複合的に測定することができます。

AccessMill(デジタルログリサーチ)

業界最大規模のデジタル情報取得済みモニタ140万人

国内最大規模を誇るマクロミルデジタル計測モニタ
140万人のログデータをベースにターゲティングが可能。 PC、スマートフォンユーザーのログが取得できます。 マクロミルが自社管理するモニターの為、圧倒的に多いサンプル数の回収ができます。

1st Party Cookie取得済みパネル

オンライン広告のリーチ状況を把握することが可能

出稿予定のオンライン媒体にタグを埋め込むことに
より、メディア毎のリーチ状況を属性別に把握することが可能です。また、メディア毎のターゲティング精度
などを把握することにより、メディアプランニングにも活用できます。

メディア毎のリーチ状況を属性別に把握

オンライン広告の態度変容効果を可視化

オンライン広告の接触者に追跡してアンケートを実施することが可能です。キャンペーンの事前/事後調査では見ることのできなかったフリークエンシー(接触回数)で分析することも可能です。 また、マクロミルの消費者購買データ(QPR)との組み合わせにより、オンライン広告接触者が実際に商品を購入したのかをシングルソースで紐付けて分析することも可能です。

Example image

テレビCM × オンライン広告のクロスメディア効果測定

AccessMillとOTS(テレビ視聴実態リサーチ)を
掛け合わせることで、テレビCMだけでなく、Web広告との
クロスメディア効果測定が実施できます。

統合的な広告到達(リーチ)や、媒体別/重複リーチを可視化することで、投下広告の最適化を図るための基礎データを取得することができます。

テレビCM × オンライン広告

活用事例

事例1

広告出稿先をキャンペーン期間中にブランディング指標で最適化したい

認知率の低い属性やクリエイティブを明らかに。
キャンペーン期間中にアンケート調査を実施し、商品認知率の低い属性に対してオンライン広告を配信。

Points

  • アンケート調査を実施することにより、ブランディング指標での配信コントロールが可能(通常はCPC、CPAによって配信をコントロール)
  • 比較ができることで、クリエイティブのオプティマイズ(最適化)も可能
各属性別の認知率を比較

事例2

サイト訪問者のプロファイルを把握したい

サイト訪問者のプロファイルやターゲット層をより多く来訪させている流入元を把握。
アクセス解析ツールだけでは把握しきれない、訪問者の詳細なプロファイルを分析。

Points

  • 推測値ではなく、属性データでの分析が実現
  • サイト訪問者に対してアンケートを実施可能
  • 流入元が特定でき、広告出稿先などコミュニケーションプランの見直しにも活用
サイト訪問者のプロファイル

料金

基本料金

計測費

¥150,000~

インプレッション量によって
料金が​変動いたします。

詳細はお問い合わせください。

インターネット
リサーチ基本料金

¥70,000~
(5問×10名実施の場合)

詳細は、
モニタ会員向け調査料金
ご確認ください。

ログデータ
マッチング費

¥50,000

お問い合わせ

こちらから、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ