重回帰分析

回帰分析

重回帰分析とは

重回帰分析は、 1つの従属変数(目的変数)と、複数の独立変数(説明変数)の関係を求める手法です。主に以下のような用途で使用されます。

※回帰
Yが連続値のとき、変数Xが変数Yを決定するという関係のこと(Y=f(X))
このとき、Yを従属変数(目的変数)、Xを独立変数(説明変数)という

使用例

  • 独立変数が従属変数に及ぼす影響度を確認する。
    (例)店員の接客が来店者満足度に及ぼす影響は?
  • 独立変数の重要性の格付けを行う。
    (例)味と価格と容量のうち、商品満足度に最も寄与するものは?
  • 予測モデルを作成する。
    (例)気温が3℃上がったときのビールの売上は?

イメージ図

従属変数 顧客満足度
独立変数 性能、デザイン、営業の対応、価格など
回帰分析イメージ

設問イメージ

設問イメージ

「総合満足度」と「個別満足度」を5段階評価(SAマトリクス形式)で聴取
※7段階評価でも分析可能(目的に応じて使い分け)

アウトプット

アウトプットイメージ

用語説明

従属変数
:予測したい変数のこと
独立変数
:従属変数を説明する変数のこと
標準化偏回帰係数
:独立変数が従属変数に及ぼす影響の大きさ
調整済みR2乗
:重回帰式の説明力の大きさ

お問い合わせ

こちらから、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ