判別分析

判別分析

判別分析とは

判別分析(正準判別分析)は、対象者の特性(回答データ)から、その対象者がどの群に属するかを判別する手法です。

使用例

判別分析は、個人(個体)を分類する目的で使われることが多いといえます。主な使用例は以下となります。

  • 意識の違い等から分類した既存クラスターの中で、新しいサンプルがどのセグメントに所属するか判定する
  • 既存クラスタを決定した変数よりも少ない変数からセグメントを判定する
  • 見込み客をデータを元に、購入しそうなお客様と購入しそうにないお客様に分ける
  • クレジット申し込み者に対する与信(クレジットカードを発行するかどうかの決定資料とする)を判定する

イメージ図

判断分析イメージ
  • 各データが、2群のどれに所属するのかを判定するために、その境界線となる判別式を算出する。
  • 算出された判別式を使い、新しいデータがどの群に判定されるのかを予測する。

アウトプット

アウトプットイメージ

項目数を減らして判別モデルを作成した場合の、
項目数とモデルの的中率(精度)の関係性をまとめた例。

お問い合わせ

こちらから、お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ