採用情報

6.フィールドワーク調査部 2018年入社(キャリア採用)

調査員と協働して正確なデータを収集する

ある日のスケジュール

  • 09:20 出社 メールチェック
  • 09:30 朝礼
  • 10:00 調査説明会の資材準備
  • 12:00 ランチ
  • 13:30 調査説明会の立ち会い
  • 15:00 アルバイトの手配
  • 16:00 翌日の調査の会場設営、準備
  • 18:30 退社
現在の業務を教えてください。

”正確なデータを収集すること”が、業務です。

オフライン調査(訪問調査、会場調査、来店客調査、ホームユーステストなど)の手配・準備や
調査会場で、調査員やアルバイトへの指示、調査票(アンケート等、回答いただいたもの)の回収、管理などを行っています。 これらを通じて”正確なデータを収集すること”が、業務です。

※調査員とは、「調査対象の方々と直に応対し、理解と協力を得、調査をする人」です。
  当社は全国主要44都市をカバーする調査員ネットワークを保有しています。

調査手法別に準備・手配するもの、進め方などが異なるため、それらを全て把握する必要があります。 きちんと準備をしないと、正しいデータは得られません。トラブルが発生するリスクも高まります。 そのため、スピード感は持ちつつ、丁寧に対応していくことが大切です。
また、一人で会場調査の管理監督や巡回をする時があるのですが、イレギュラーなことが起こった場合、 その場ですぐ、冷静に判断して調査員に指示をします。様々な経験を積んだおかげで、判断力、責任感、胆力が身についたと感じています。

仕事上で印象的なエピソードを教えてください。

人にわかりやすく伝えるスキルが身についていること、担当者として頼りにされていると実感したことです。

調査員やアルバイトへのインストラクション(仕事内容を説明する・指導する機会)の際に、細部に渡って質問をいただくのですが、 すんなり回答が出来た時はとても嬉しく思います。人にわかりやすく伝えるスキルが身についていること、担当者として頼りにされている実感があるからです。
「調査員やアルバイトのミス=自分の責任」ですので、自分がこの調査についてちゃんと理解しているか?ということを常に意識しています。
日々アンテナを張っておくこと、疑問点があれば確認することが大切だと思います。

ご自身の就職活動(転職活動)について教えてください。

接客より裏方(PCを使っての業務)の方が適性があると感じたため、転職を決意しました。

新卒で入社したのは大手カフェチェーンでした。 働いて数年経ち、接客より裏方(PCを使っての業務)の方が適性があると感じたため、転職を決意しました。
2社目は事務職を中心に探していました。縁あってWEB調査も行う企業に入社し、そこでリサーチ業界を知りました。 WEB調査で集めたデータの不正回答チェックをする業務をしていたのですが、丁寧な回答もあれば、やや素っ気ない回答もあることに気づきました。
次第に、「回答する人はどのような表情をしているのか」、「どのような人なのか」に興味を持つようになりました。 そこで、”WEB調査では得られない情報まで収集できるリサーチ”に関わりたいと思ったのが、当社への入社のきっかけです。 訪問調査、会場調査、来店客調査など、全国の調査員をハンドリングして行う「オフライン調査」が対応可能、という点に魅かれました。 好奇心旺盛な性格も、この業界・仕事にマッチしていると思います。

「会社の良いところ」はどこですか?

評価制度がしっかりしているところです。

期初・中間・期末と上長と面談の機会がありますが、その都度、適切なフィードバックをいただいています。 「今回は○○という点を評価して、この査定です」といったかたちで、具体的な出来事をあげて説明してくださるので、 「ちゃんと見てくれているんだな」と安心します。

就職活動中のみなさんへメッセージをお願いします。

入社後にギャップが発生しないよう、気になる点・疑問点はきちんと確認することをおススメします。

地味な作業もありますが、生活者の声にすごく近くで向き合え、勉強することも尽きない仕事だと感じています。
好奇心旺盛で、楽しんで仕事に向き合ってくれる仲間が増えたら嬉しいなと思っています!

ページの先頭へ戻る